シェアする

お馬さんでもできるSP昇華箱庭の作り方・第6回

スポンサーリンク

皆様こんにちは。

SP昇華箱庭の作り方・第6回です。

今回は90~94年のプレイとなります。

まずは動画をご覧ください。

【90年】

繁殖牝馬&種付け

繁殖牝馬備考:モンテオーカン(22歳引退) OUT

スピードルビー(ニアークティック系)、スピードパンプキン、

スピニングスピード、サマンサスピード(以上3頭オーエンテューダー系) IN

計23頭

種付け備考:ニホンピロウイナーの確立とともに、

レイズアネイティヴ系後継輩出を狙い、イージーゴアも種付け。

引退馬

備考:繁殖牝馬を補強したいため、まだ走れる牝馬も繁殖入り。

各SP系統後継馬生産が順調なため、デイジュールを早々に引退、種牡馬入り。

購入種牡馬

備考:必須ではないが、資金とお守り稼ぎ用にサンデーサイレンスを購入。

所有馬選択

備考:テディ系後継候補馬を所有。

ニホンピロウイナー産駒は、なるべく牡馬を優先。

【91年】

繁殖牝馬

備考:OUT無し

スピードイン、エイコーンスピード(上記2頭レインボウクウェスト牝馬)

ノーブルスピード、ブロンズスピード、ダブルスピード、エスピーアルデル(上記4頭ニアークティック系牝馬)

ミスティピクシー(年末輸入牝馬、ミスタープロスペクター牝馬)

グリーンキャスター(同上、アイスカペイド牝馬) IN

計31頭

種付け

備考:レイズアネイティヴ系後継馬も確保できそうなので、

確立対象の種牡馬をメインに。

デイジュール多め。

引退馬

備考:ニアークティック系候補馬が引退、種牡馬入り。

所有馬選択

備考:ナスルーラ系、マンノウォー系後継馬候補を所有。

確立対象馬の状況

備考:仔だしが良く、順調。

【92年】

繁殖牝馬

備考:OUT無し

スピードチャーム(レインボウクウェスト牝馬)

ピンクスピード、エスピーアポロ(上記2頭、ニアークティック系牝馬)

エスピーオレンジ(オーエンテューダー系牝馬) IN

計35頭

種付け

備考:前年と同じ方針も、ややニホンピロウイナー多め。

引退馬

備考:ニホンピロウイナー産駒の牡馬を本格的に種牡馬入りさせていく。

テディ系後継候補馬が種牡馬入り。

所有馬選択

備考:レイズアネイティヴ系後継候補馬を所有。

確立対象馬の状況

備考:種付け数を制限しても良いかもという手応え。

【93年】

1月2週海外幼駒購入

繁殖牝馬

備考:OUT無し

スピードアップル、スピードカード、スピードアカネ(上記3頭、ニホンピロウイナー牝馬)

エスピーシュート(ニアークティック系牝馬)

スピードカラーズ(テディ系牝馬) IN

計40頭 所有限界に到達

種付け

備考:前年と変わらず。

デイジュール多め。

引退馬

備考:マンノウォー系後継候補馬が種牡馬入り。

所有馬選択

備考:確立対象馬の産駒が主。

確立対象馬の状況

備考:非常に順調。

系統確立対象馬の産駒については、下記画像のように、

重賞を勝てなさそうな弱い馬であっても、強制種牡馬入りで

毎年必ず直系種牡馬が増えるようにしていく。

その他

所有繁殖牝馬の売却基準

・馬齢が15歳前後(17歳以上は非常に顕著な活躍をしているor血統構築に必要という馬以外は多少活躍していても、積極的に売却していく)

・出産頭数が5頭以上にも関わらず、活躍馬に乏しい(重賞勝ちが0など)

例1:馬齢15歳以上かつ活躍馬に乏しい

⇒売却対象

例2:馬齢は15歳未満だが、出産頭数は5頭以上であり、かつ活躍馬に乏しい。

⇒売却対象

例3:15歳以上だが、顕著な活躍を示しており、今後も重要な産駒を

輩出する可能性があるため、引き続き所有することを検討する。

⇒売却するか考慮

備考:それでも優秀な牝馬であふれて取捨に困ることがある。

その場合は、各SP系統の牝馬の数のバランスを考慮に入れる。

例えば、テディ系の牝馬が0頭というのは好ましくない。

テディ系の牝馬が15歳以上であれ、1頭でも存在するのであれば、

少なくともその1頭は確保しておきたい。

できれば、常時、各SP系統の牝馬が2~3頭はいる状態を保つのが理想的である。

☆イットー系が主流牝系に昇格

備考:牝系は、箱庭を構築してしばらくすると(2030年以降くらい)、

自牧場に名牝系が溢れてきて、それだけで爆発力4を得られるようになってくる。

必ずしもMy牝系を登録しておく必要はないが、My牝系が多いとお守り稼ぎにはなる。

【94年】

繁殖牝馬

備考:タイキアローン、トーセンパートナー、ヒシネイティヴ、ラウンドアスペン OUT

マダムウイング(輸入牝馬、\アリだー!/産駒)

スピードスイング、スピードヘッド(以上2頭、レインボウクウェスト牝馬)

ハワイアンスピード(ウォーニング牝馬) IN

種付け

備考:前年から引き続き、ニホンピロウイナー、デイジュール、フォーティナイナー。

デイジュール多めの意識。

引退馬

キャプチャし忘れ。

ナスルーラ系後継馬が種牡馬入り。

購入種牡馬

備考:フォーティナイナーを必ず購入しておく。

以後、トワイニングやエンドスウィープら、直仔種牡馬が輸入されるので、

見逃さずに購入すると、系統確立が楽。

特にエンドスウィープはそのままだと割と早めに種牡馬引退するので、

自己所有しておくのが良い。

所有馬選択

備考:ニホンピロウイナー産駒の牡馬が4頭と確立の決定打になりそう。

確立対象馬の状況

備考:確立はほぼ間違いないが、丁度確立ラッシュ(1995年頃~2005年頃まで)の

真っただ中に入るので、油断は禁物。

備考:これからデイジュール主力でプレイしていくことになる。

備考:仔だしが高く、史実種牡馬もいるので、デイジュールメインで、

こちらは少な目の種付けでも確立まで十分届く。

その他

今後、しばらくは系統確立プレイが続く。

ニホンピロウイナー⇒デイジュール、フォーティナイナー⇒ラムタラの順。

ガリレオは所有後、後継馬生産以外は放置でO.K.

シェアする

フォローする

コメント

  1. ハードゴア より:

    良いBGMが浮かばないのでサガメドレーでお茶を濁す感w
    嫌いじゃないです!
    以前、SP箱庭もどき作りましたがスプリンターばかり量産されて
    げんなりしたんですよねー・・・。今回もその危険はあるのでしょうか。

    • dosute より:

      >ハードゴアさん
      プロレスの入場曲なりにしようかと思ったんですが、
      どうもしっくり来ないので、ゼノギアスのプレイ動画にはまっていたもので、
      そこからサガのBGM動画に移り、これやっぱええなという流れですw
      良いですよね。
      私が3周目で箱庭を作った時は、特に考えもなく進めてステイヤーも出たりしていましたが、
      もしかしたら無意識の内に距離適性も吟味していたのかもしれません。
      動画内で注意喚起してみますね。

  2. ま〜ぢゃん より:

    牧場長が若葉に変わっていたので…もしや!?

    と、思っていましたが((((;゚Д゚)))))))

    牧野インブリード来る?w

    みんなのアイドル朝日奈さんにまさかの靴下www

    • dosute より:

      >ま~ぢゃんさん
      牧野インブリードをぜひ完成させたいんですが、
      子どもが3人とも娘でしたw
      ので、まだ先の話ですね。
      みんなのアイドルを穢していくスタイル。

  3. いっちゃん より:

    動画見させてもらった後にうちの牧場を見ましたら二アークティック系とテディ系の繁殖牝馬が1頭づつしかいませんでした。しかも活躍馬も産駒にいない売却対象候補馬みたいです。
    これはかなりヤバい状況ですよね泣
    あと後継種牡馬候補は例えばどっかから買ってきた繁殖牝馬にニホンピロウィナーをつけて出来た良い馬が後継候補で、これまでに出来た自家生産の牝馬にニホンピロウィナーをつけて出来たよい牡馬を後継種牡馬候補にしたらまずいですよね?

    • dosute より:

      >いっちゃんさん
      そういう1頭ずつの時は、売却基準に達していても、22歳まで残すようにしてくださいね。
      それと、なるべく早めに同系統の牝馬を補充生産しておくと。
      後継種牡馬は、この段階では相手牝馬は何系でも良いですし、例えば史実牝馬を持ってきても良いです。
      パシフィカスとかダンシングキイとかでも良いです。
      もちろん、自家生産牝馬でも良いです。
      いったん後継馬が揃った後は、なるべくSP系統同士の配合が良いですね。
      〆配合の血統は、完成予定図通り(多少の系統入れ替えはあっても)が絶対です。

      • いっちゃん より:

        毎回丁寧にありがとうございます。了解です。
        ちなみにレインボークエスト産駒でいいのが出来ない場合は自家生産ではないですが史実のサクラローレルでも構わないでしょうか

        • dosute より:

          >いっちゃんさん
          サクラローレルでも問題ありません。
          産駒にST因子を継承させやすいですし、スタミナを補完する意味でも有用だと思います。
          ただ、仔だしが低く、SP因子も無いので、ある程度の能力の後継馬を出すのに
          それなりの数の生産数が必要になるであろうというのがネックです。
          繁殖牝馬の数を割いても構わない、思い入れがあるなどであれば、サクラローレルで良いと思います。

          • いっちゃん より:

            そうだったですね
            SP因子と仔だしは重要でしたね
            忘れてました