シェアする

2018 お勧め繁殖牝馬

スポンサーリンク

この記事では、ウイニングポスト8 2018 で私が実際に使ってみた繁殖牝馬でお勧めの馬を紹介していきます。

紹介する馬は、全て1982年~1984年に国内で繋養、あるいは海外から輸入される馬たちとなっています。

なお、史実繁殖牝馬でお勧めの牝馬については、過去作と変わらないため割愛します。

詳しくは『お勧め繁殖牝馬』カテゴリから、無印や2016のお勧め繁殖牝馬の記事を参照してください。

※以下で紹介する牝馬たちを使っても、必ず強い馬が産まれるわけではありませんので、ご了承ください。また、以下の繁殖牝馬たちはゲーム中に絶対に登場するわけではなく、箱庭内の状況によりラインナップが変わることもありますので、その点にも留意してください。

それでは、名前順に紹介していきます。

☆アフリカンハイツ

★父・シアトルスルーに母父・エルバジェという何とも渋い馬。柔軟性以外はバランスの取れたパラメータで、仔だしもかなり良い。お勧め。

☆アフリカンプライド

★アフリカンつながりw スタッフにアフリカ好きでもいたのか。父・ザミンストレルという希少価値の高い血統で、母父・ボールドルーラーというのもポイント高し。仔だしはまぁまぁ。

☆エイシンアンゼリカ

★毎作いるリヴァーマン牝馬は大抵良質な繁殖牝馬だが、この馬もご多分に漏れず。非常に仔だしが良い。サブパラも高水準。お勧め。

☆スイートリッジ

★ブラッシンググルーム牝馬であることを除くと地味な血統な背景で、しかも能力バランスはそこそこといったところだが、仔だしが非常に良く、大変お勧めの一頭。

☆ダッシュカフェ

★こちらもブラッシンググルーム牝馬。上記のスイートリッジに仔だしで劣るものの、血統的にはこちらが勝り、能力バランスも良い。仔だしも十分あるため、牧場に枠があれば購入しておいて損は無し。

☆ミレニアムパステル

★父・ダマスカス、母父・リュティエという、希少価値の高い素晴らしい血統に加え、能力バランスも秀逸。仔だしもまずまず良く、基幹牝馬となり得る存在。

☆メジャーパートナー

★父・シアトルスルー、母父・ミスタープロスペクターという超の付く良血であることもさることながら、特筆すべきはその能力バランス。SP以外はオールA以上という破格の能力を誇る。序盤に手に入る繁殖牝馬としては、トップクラス。仔だしはまずまずだが、血統背景が良く、そもそも能力が高いので、活躍馬はどんどん出る。

今作では、ゲーム開始10数年が経過しても海外からの輸入繁殖牝馬の質が非常に高い。狙い目としては、重賞あるいはGⅠ勝ちのある架空牝馬で、血統内に種牡馬因子を多く持ち、父が能力因子二つ持ちの種牡馬である牝馬。過去作ではこの条件に適合する輸入繁殖牝馬の架空馬は少なかったが、今作では90年代に入っても条件を満たす牝馬が輸入される機会が目につく。よって、優秀な牝馬を入手する機会が増えた。

シェアする

フォローする

コメント

  1. ま〜ぢゃん より:

    要チェックやで!((((;゚Д゚)))))))

    メモメモメモ♪

    • dosute より:

      >ま~ぢゃんさん
      今作は他にも沢山の有能な繁殖牝馬が序盤から手に入りそうな感じです。

  2. レインメーカー より:

    こんばんは!ドステさんのお勧め繁殖牝馬凄く参考になるのでありがたいです。最近のKOEIは攻略本も自社で作らずカドカワに任せたりしてヤル気がないのか電話で問い合わせたら2018に関しては発売する予定なしとの事でした。毛色図鑑もダウンロードコンテンツで発売の予定もないそうです。

    • dosute より:

      >レインメーカーさん
      攻略サイトなどの方が情報が早いですし、本の採算が取れないのかもしれませんね。
      とはいえ、公式ならではの情報満載にすることも可能だと思うのですが、その辺りの努力はしないというか、できないのかもしれませんね。
      外注なんでしょう。
      DLCも恐らく採算が取れないのでしょうね。

  3. にゃこ より:

    更新お疲れ様です、このコーナーいつも参考にしてますw
    今回はSH名鑑あるので少し時間かかるとはいえ仔出しの改善が容易なので、
    好きな血統や能力重視で馬選びやすくていいですね。
    史実馬で言えば、今まで私はテスコボーイ系では仔出し抜群のネーハイテスコを使っていましたが、
    今回はSH名鑑あるので仔出し低くてもスピード因子もちのアグネステスコを使ってます。

    ざっと見た感じ日本にいる初期架空繁殖牝馬は、サブパラがACEGしかいない手抜き仕様っぽかったので、
    個人的におすすめ馬はいなかったです。
    (レースではサブパラがAでもS+でも結果に影響ないことは確認したのですが配合は影響与えてる可能性があるので)

    確かに海外の馬は能力高い馬が高くて使いやすい馬が多い気がしますね
    海外幼駒セリの馬も能力が高い馬が多くて使いやすい気がします
    初年度海外セリから2頭おすすめを書いておきます。(初年度海外セリなのでおそらく固定でいるはずです)

    カントリーロマンス81
    父ミスタープロスペクター 母父ヘイローの超良血馬(牧場長の評価大物)
    仔出しは高く、オートで能力がスピードC勝負根性瞬発パワーがS+、他もC以上まで育ち高水準なパラメータ。
    成長早めでオートで牝馬ながらJBCスプリントやかしわ記念など混合重賞4勝をあげ最優秀ダート馬を受賞する無双っぷり。(流石に難易度イージーですが)
    元々配合評価A爆発力20程度は確保できますが、引退するころにはミスタープロスペクター系統確立で更に母父◎も成立します。
    欠点はダート馬なことと良血すぎて配合相手がやや限られるくらい。
    超おすすめです。(そのうちwikiに載るレベルだと思います。てか絶対載るw)

    ビーナリー81
    父アリダー 母父モスボロー系のキャヴァンでスピードとパワー因子が活性化しやすいです
    仔出しは残念ながら高くなさそうなのでSH名鑑サポート必須ですが、オートで回してサブパラがすべてB以上
    うちパワー柔軟性がそれぞれA+,A、勝負根性瞬発がともにS+まで育ちました。
    成長早めでオートで回して古馬でオープン2回勝っていたので、2,3歳の空き巣重賞なら十分狙えると思います(万能馬なので2歳ダートもいけるはず)

    • dosute より:

      >にゃこさん
      お勧め牝馬ありがとうございます。
      今作は、有用そうな架空繁殖牝馬が多いですね。
      どの馬にするか、ゲームが進むにつれて徐々に迷うくらいです。

  4. はにわ より:

    こんばんは、お疲れ様です。お勧め牝馬早速参考にさせていただきます。

    自分が今保有している中ではダマスカス直仔のミルブライドがお勧めです。母父レイズアネイティブで血統的には申し分なく、サブパラも柔軟性と精神力がネックですがそれ以外は高水準です。

    話は変わりますが、今回架空馬が種牡馬になった時の因子の付き方が異常ですね。現在の所、海外セリで買ったリヴァーマン産駒が軒並みスピード因子持ち、どれもスピードはCかBかなので最低スピード値の条件が解除されたのかな?また同じくリヴァーマン産駒でSH名鑑使用の馬が根性D+にも拘らず根性因子持ち…うーん、よくわからん。

    調教で能力が変わりやすくなったので親や先祖の因子をそのまま引き継ぐようになったのでしょうか?もしよろしかったら検証していただけると嬉しいです。

    • dosute より:

      >はにわさん
      お勧め繁殖牝馬ありがとうございます。
      種牡馬の能力因子についてですが、因子が一つならば、SPがA未満であってもランダムで付く可能性があります。
      確定でつくのであれば、確かに大きな変更ですね。
      また、リヴァーマン産駒は国内ならSPが71以上かつ精神力以外のサブパラがS相当(今作ではA以上?)のものが2つ以上なら、確定で根性因子が付きます。
      これはリヴァーマンとその父ネヴァーベンドが根性因子を2代続けて持っているためです。
      例えば、根性がGだろうと、瞬発と賢さが条件を満たしていれば、確定で根性因子が付きます。
      SH名鑑ならほぼ間違いなく条件を満たしているので、おそらくこの点に関しては過去作と変わりないでしょう。

      • はにわ より:

        私、因子はSpA以上じゃないと付かないと思い込んでいました。失礼しました(恥)

  5. ウイポ大好き♪ より:

    いつも楽しく拝見しております。

    ミレニアムパステル
    父・ダマスカス、母父・リュティエ

    これは渋すぎるwこの血統見てテンションあがり
    思わず本日2018買ってきちゃいました(笑)
    これからも色々楽しませて下さい♪

    • dosute より:

      >ウイポ大好き♪さん
      いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。
      かなり渋い血統で、見てから即買いでしたw
      これからもぼちぼち更新していきます。

  6. ひかりん より:

    ウイニングポスト8 2018をプレイしてます。
    1984年1月の時点で庭先取引でここに記載のある牝馬を買おうとしたのですが、
    繁殖牝馬のリストにない馬が多数います。
    例えばアフリカンハイツやメジャーパートナーなどです。
    どういうことでしょうか?

    • dosute より:

      >ひかりんさん
      当ブログをご覧いただきありがとうございます。
      輸入牝馬や初期の架空繁殖牝馬のラインナップにはランダム性があります。
      記事最後の基準を参考に選ぶこともお勧めです。

  7. りゅ~ より:

    たまにこんな繁殖牝馬も出てくるくらいなので今作の年末輸入は
    割と馬鹿にできない(^◇^)

    https://twitter.com/Ryu_344kWRP5qCi/status/982166547580858368

    • dosute より:

      >りゅ~さん
      これは垂涎ものの血統ですね!
      色々バグはありますが、評価できる改善もありますね。

  8. TURF より:

    ドステさん、こんにちは。
    SH箱庭をつくるべく1982年Bモードでプレイしていますが、初年度の海外セリに白毛牝馬が出てくるのを確認しました。
    血統はkenmare×Minnie tudor(母父Tudor melody)で、パラは期待できない感じですが、ミスプロやノーザンテーストの白毛を作れる可能性があるのは白毛好きにはうれしいことではないでしょうか。

    • dosute より:

      >TURFさん
      おお、それは凄いですね。
      白毛名鑑を所持していないならば、その馬は白毛好きの星ですね!

  9. マイキー より:

    はじめまして。
    ブログ楽しみに拝見させていただいております。
    繁殖牝馬の項目とは違った質問なのですが申し訳ありません。
    ブログの初めに、おまかせ調教にしても放牧を自分でして、疲労や体調管理をすれば大丈夫と書いてあったと思います。
    自分なりに調べたりしたのですが、おまかせ調教にすると併せ一杯が多いからなのかなと思ったのですが、おまかせ調教は、バカなのでしょうか?
    長文、駄文すみません。

    • dosute より:

      >マイキーさん
      はじめまして。
      いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。
      お任せは基本おバカというか、疲労をほとんど考慮しないのがおバカですね。
      パラメータを伸ばす観点からは、主に弱点を補填するような形でメニューを組んでいるように個人的には見受けられます。
      そのおかげで、プレイヤーが調教を施す場合と比べて、8~9割くらいには仕上がるので、能力を伸ばすという観点からは、そこまで悪くないと思います。
      最初は伸びにくい根性を伸ばすために併せを入れていることが多いようですね。

      • マイキー より:

        丁寧に、答えて頂いてありがとうございます。
        心置きなくWPライフができそうです。