シェアする

ウイニングポスト8 2018 2周目 ST昇華箱庭+円環的生産法14

スポンサーリンク

久々の更新。

今回は早熟馬で2歳GⅠやクラシックに挑戦しています。

欧州での〆配合が終了し、米国での〆配合へ移行しています。

成立過程で米国用〆父父と〆母父が系統確立しています。

〆父父父や〆父父の直系種牡馬を米国へ移動させていき、〆父父がスタッドインしてその年から流行系統となるように調整。

その甲斐あって、欧州〆配合終了から僅か2年ほどで米国〆配合を実施できました。

メールライン活性化配合LV3が成立していたので、爆発力も無事に40を突破。

今後は15年以上は米国〆配合で生産していけそうです。

また、既に次の〆配合である欧州〆配合2の〆父作りにも着手しています。

同時に、日本で行うつなぎ配合の種牡馬(欧州〆配合2の母父となる)も選定開始しています。

それではまた次回!

シェアする

フォローする

コメント

  1. 鳥月 より:

    いやったー!!更新だ―!!今周回もラスト近そうですが、次回プレイの構想は既に練られていますか?

    • dosute より:

      >鳥月さん
      いやいや、まだ終わるか分かりませんよw
      ただ、次回プレイは2017で失敗した三冠馬の系譜配合を行う予定です。
      それで2018は終了ですね。

      • 鳥月 より:

        あ、そうなんですか。更新が空いたのは何かしらの準備でもしているのかと思っていたのですが。

        ウィンドバレーの悲劇…。次こそは…。

  2. クランプ より:

    はじめまして。適当な記事が分からず最新の記事で恐縮なのですが、
    分場設立にあたって何か特別なことはしていますか?
    効率化のため早期の設立を目指したいのですが最優秀生産者受賞が安定せず、本場だけでは数が稼げずに困ることがあります。
    少々手間でも種付け後に史実馬母と入れ替えるのがいいんでしょうか。

    • dosute より:

      >クランプさん
      はじめまして。
      いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。
      特に意識はしていませんが、とにかく10頭限界まで所持して、というのが個人的には重要かなと思います。
      もちろん、自牧場産でですね。
      生産者賞は最ではなく、優秀生産者賞で良いので、史実馬母抜きでも80年代半ばくらいで設立できたことがあります。